ブログ「コツコツトントン」

“Neat” -2 伝統工法

2019.11.27 / 現場日記
“Neat” -2 伝統工法

耐震全面リノベーション
Neat ニート

~すてき・すっきり・きちんと収納できる家~

『土壁と竹小舞』

 

・・・

 

豊田市Nさま邸のリノベーション工事。
築50年の大きな家屋を継ぐ、想いの詰まったリノベーション工事がはじまります。

まずは解体工事からスタートです!

表面の仕上げ材を撤去するところから始まります。

ひとつひとつ丁寧に、時には豪快に解体を進めます。

天井を解体すると…
当時仕組まれた、立派な丸太や梁・桁が姿を見せました。

50年も経っているのに、このどっしりとした存在感。

長年、N家を守ってくれたこれらの木材が、この先の50年も引き続き活躍できるように…

そして壁の化粧を落とすと、土壁が姿を見せました。

土壁を落とすと、下地である竹小舞が出てきます。

割った竹を縦横に組み、シュロ縄で編んだ壁下地。
今では見ることの少ないこの工法ですが、当時の職人さんがひとつひとつ編み上げたことを想像すると、心を打たれる思いです。

 

耐震補強のためにこれらは解体を余儀なくされましたが、現在の耐震基準に満たした構造に強化し、永くN家が引き継がれていくように、誠心誠意リノベーション工事を進めていきたいと思います!

 

 

Nさま、まだまだ始まったばかりですが…
ひとつひとつ進んでいく工事を、ぜひお楽しみくださいね♪

ではまたご紹介いたします。

PREV

2019.11.25 / 現場日記

“Vitamin” -4 オリジナル洗面化粧台

NEXT

2019.11.27 / 現場日記

“Large”-4 愛犬そらちゃん大活躍。