ブログ「コツコツトントン」

便利な時代…

2020.02.05 / 手しごと
便利な時代…

のこぎり/鋸.のこ

主として物を分割するための工具として、古くは新石器時代から用いられてきました。

今では機械化が進み電動式鋸が定着しています。

素人がのこぎりを使ってみると、切断面がガタガタになったり…案外時間が掛かります。

大工さんの手さばきは圧巻で、見事にまっすぐに、きれいに切断していきます。

 

 

 

今ではプレカット工場という場所があり機械で木材を製材していきます。昔は全て手加工と聞いてびっくり…

大工さんも「今は、電動のこぎりは手放せんなぁ」と一目置いています。

まだまだ細かな作業は手鋸を使います。昔から今ものこぎりは大工さんの必需品。

 

 

DIYがお好きな方へ、大工さんからプチアドバイス♪

のこぎりは押す時に力を入れてしまうと刃が引っかかってしまいノコギリが曲がってしまいます。引くときに程よく力を入れるとキレイに切れますよ。

PREV

NEW

2020.02.05 / 暮らしと居心地

暮らし方…

NEXT

NEW

2020.02.08 / スタッフブログ

メンテナンスも楽しい。