ブログ「コツコツトントン」

『Neat-2 』 すてき・すっきり・きちんと収納できる家

2020.05.20 / 現場日記
『Neat-2 』 すてき・すっきり・きちんと収納できる家

築50年、大きな2階建。
おじいちゃん・おばあちゃんが大切に想い出を刻んだ住まいを息子さまご家族が受け継ぐことになりました。
”素敵に暮らすこと”・”すっきり暮らすこと”をテーマに陽射しや風の取り入れ方、適材適所に配置予定の収納と動線の設計がポイントとなります。
リノベーション後の暮らしがより豊かで大切な時間を刻めるように…チームボウコリーズ、心を込めてリノベーションをさせて頂きます。
約5ヶ月間の長期工事になりますが、ひとつひとつ丁寧に進めていきたいと思います。
ブログを通して工事をご紹介させて頂きますので、是非ご覧ください。

 

****

 

 

・・・・・・・・・・10
2020,3,1

 

「綺麗にできたぁ~!」

と思わず写真を撮る職人さん。

今回Nさま邸は配管を全て一新。
各所で均等に湯水が使えるよう、ヘッダーを取り付け、配管を一本ずつ新設しました。

見えなくなってしまうところですが、ひとつひとつ丁寧に…
綺麗な配管の仕上がりは、職人さんの丁寧な作業の賜物ですね。

 

 

・・・・・・・・・・11
2020,3,12

 

大工さんが下地を組んだ剛床のマスひとつひとつに、何やらシートが置かれていますね。

これは…

 

床断熱の準備工事です。

今回Nさま邸の床断熱にはセルロースファイバーを採用致しました。

マスごとにシートを貼りつけていきます。
上下にピシッと敷く作業、これが中々難しいんです。
職人技ですね。

配管廻りや隙間にもきっちり断熱材を充填。
自然素材の羊毛を詰めていきます。

マスに張ったシートに穴をあけ、セルロースファイバーを充填します。
パンパンに詰めて、気密・断熱性を確保。

 

最後に穴を塞ぎ、シートを貼れば完成です!

 

床に断熱が敷き詰められるだけで、体感でも温度が変わります。
さて、工事は着々と進みますよ♪

 

 

・・・・・・・・・・12
2020,3,14

 

 

 

同時に外周廻りも進みます!
大工さんが外壁の下地を取付け、板金職人さんにバトンタッチ。

幅の広い外壁材をふたりで丁寧に貼っていきます。

 

色は迷いましたね!!

Nさまご夫婦と私たちボウコリーズ、職人さん含めみんなで多数決を取りながら…
『ブラック』に決定♪

 

元々和風造りのNさま邸、落ち着いた色の外壁材で重厚感が増し、モダンな仕上がりになりました。

屋根との相性も◎

光の当たり方によって表情を変えるのもいいですね。

さて、正面の壁は異素材を組み合わせます!

こちらもお楽しみに♪

 

 

・・・・・・・・・・13
2020,3,16

 

 

さて、室内の大工工事も着々と進行中です!

こちらは階段の側板。

 

 

踏板もそれぞれの寸法で納品されました。

これを大工さんがひとつひとつ造っていきます。

 

一部オープンになる部分は、下地も造作です。どのように組むのか、大工さんの腕の見せどころですね♪

 

リビングから繋がる半オープンの階段。

見えるところと見えないところで仕上げ方を変えてこだわりました♪

徐々に全体が出来上がってきました。

完成後のNさまご家族の過ごす姿を想像しながら‥♪

チームボウコリーズで心を込めてリノベーションを進めます!

 

 

・・・・・・・・・・14
2020,3,28

 

 

3月も残りわずか。

Nさま邸のお庭の八重桜にも小さな芽が付きました。

少し遅めに咲く桜だそうです。

工事中には満開になる予定‥

リノベーションの完成と共に楽しみなことのひとつです♪

 

 

さて、工事は着々と進行中。

ひとつひとつの作業を進めながら、材料を着実に減らしていく大工さん。

ですが、50坪以上もあるNさま邸。

そう簡単に材料はなくなりませんよ!

 

次から次へ着実に。

大工さんの技を取り入れながら、引き続きNさま邸の工事を進めます♪

 

細かい丁寧な作業、さすがです!

 

 

・・・・・・・・・・15
2020,4,8

 

順調に、着実にNさま邸のリノベーション工事を進める大工さん。
それぞれのお部屋が間仕切られ、完成のカタチに近付いてきました。

何と、約半年もNさま邸に通っている大工さん。
日中いらっしゃるおじいちゃん・おばあちゃんとはすっかりお友達。
毎日わいわい楽しい現場です♪

出来上がっていく過程、完成に近付くとワクワクします。
それと同時にリノベーションが終わる寂しさも…

でもNさまご家族の喜んで頂く姿を想像して!
ラストスパート、最後まで心を込めて工事を進めます♪

ご主人の書斎は、大工さんの腕の見せ所。
ガラスで仕切る壁は木材に溝をついて加工をします。

縦横の枠に凹凸の溝をつけ、これを組み立てていきます。

この加工をすることで、なんと表面にビスが見えません。
細かい部分ですが、圧巻の職人技術です。

 

私たちは“こうして欲しい”と図面を書いて渡すだけですが^^;

実際にカタチにして下さる職人さんたちのお陰で、

お客様に喜んで頂けるリノベーションができています。

 

丁寧に作業を進めてくれる職人さんたちには、日々感謝です。

 

 

 

・・・・・・・・・・16
2020,4,19

 

 

さて、本日は様々な木の化粧仕上げをご紹介いたします。

 

こちらは、造作洗面化粧台のカウンターです。

この無垢の木、樹種は分かりますでしょうか‥?

これにオイル塗装を施すと‥

真っ赤で綺麗な木目が現れました。

そうです、こちらは赤い色が特徴の『ブラックチェリーの木』。

本当に良い色です◎

年月を経るとどんどん深い色になりますよ♪

経年変化も楽しみの一つですね。

 

.

 

さてお次は‥

天井の羽目板をご紹介いたします。

こちらは『タモの木』

モクモクの木目が特徴的。

濃い木とも明るい木とも相性の良い樹種で、ボウコリーズのリノベーションではよく採用させて頂きます。

一枚一枚を丁寧に貼ってくださる大工さんには頭が下がります。

広いリビングの中の素敵なアクセントになりました。

 

.

 

そして、リビングの床材。

 

濃淡ある木柄、重厚感のある『アカシアの木』を採用いたしました。

 

天井の羽目板や、作り付け家具、ダイニングテーブル。

今回、様々な樹種を組み合わせているNさま邸。

どんな樹種にも馴染むこちらの床材を選択いたしました。

 

.

 

そして、リビング以外のお部屋には『スギの木』のフローリングを採用。

 

杉の木は‥

とにかく柔らかい!

気持ちいい!

素足で歩きたい!

そんな心地の良い木です。

柔らかいため傷が付きやすいのですが、無垢の木なのでそれも愛嬌、愛着◎

オイル塗装のためメンテナンスも可能ですし、オススメの樹種です。

 

さて、様々な木を採用しているNさま邸、完成が楽しみです^ ^

 

 

・・・・・・・・・・17
2020,5,8

 

さてさて、Nさま邸のリノベーションもラストスパートです!

 

水廻りの各所にタイルで装飾していきます。

タイルは美観だけでなく、耐水性に優れ、お手入れも楽々。

少し貼るだけで可愛らしくなり、一石二鳥のアイテムです◎

 

最も美しく仕上がるように、割付けも大切な工程。左官職人さんの知恵と経験をお借りしながら進めていきます。

 

キッチンのタイルは、上品な印象を考慮し、落ち着いた色目で縦張りにしました。

 

 

広範囲に貼ることで、迫力もありとても素敵な印象に!

縦貼りは一般的に難しいと言われていますが、さすがの職人技、丁寧に仕上げてくれました。

 

 

さて、仕上げ工事は着々と進みます!

またご紹介いたします(^^)

 

 

 

 

PREV

NEW

2020.05.19 / イベント情報

ショールーム営業再開のお知らせ