ブログ「コツコツトントン」

“skog”-13

2019.07.31 / 工事日記
“skog”-13

注文住宅

skog – 森の中に佇む家

『無垢の床材』

 

・・・

 

豊田市S様邸の注文住宅工事、本日は床貼り工事をご紹介します。

 

現場に大量の床材が納品されました。

今回は『ブラックウォールナット』の無垢の床材を使います。

以前、展示会でSさまご夫婦が一目惚れした床材です。

 

もともと濃い目で重厚感のある色目を好まれていました。

チーク、ブラックチェリー‥

やっぱりウォールナットだね、と8ヶ月前に決めた床材が、ついに施工されます!

 

ウォールナット特有の濃い木目。

動きのある印象の節。

自然オイルが染み込み、重厚感が増した床材。

素敵な仕上がりになりそうです♪

ボウコリーズでは、無垢の床材をよくご提案させて頂きますが、仕上げはオイル塗装をオススメしております。

 

オイル塗装は、メンテナンスが必要ですが、“メンテナンス可能”というところがポイントです。

 

使えば使うほど味わいが増し、日に日に色が深くなる‥

経年美化を楽しむことができる無垢の床材。

 

オイル塗装を施すことで、色の深みが増し、同時に愛着が湧きます◎

 

経年美化を楽しみながら、お家を大切に使って頂くことが、私たちの望みでもあります。

 

ウォールナット特有の色。

切り粉が真っ黒。

木のいい香りがSさま邸を包みます。

 

日に日に完成に近づいて参りました。

7月も終わりですね。

暑さが厳しい日々ですが、Sさまご家族のため、気合いを入れて工事に励みます。

 

またご紹介いたします。

 

PREV

2019.07.27 / 工事日記

“skog”-12

NEXT

2019.08.01 / 工事日記

“raffine”-1