bowcorys renovation

BRAND CONCEPT

暮らしを丁寧に考える。

“暮らしを丁寧に考える”
それは、それぞれの暮らしを見つめ、
向き合って導き出されるもので、
心地良い調和を特色とします。
大切な我が家が暮らしの変化に寄り添って
くれるように、優しく手を加えること。

暮らしを丁寧に考えて、
今からは…これからは…こんな風に暮らしたい。
そのアイデアに水を注いで実を結ぶ。
それが私たちのリノベーションコンセプトです。

OUR WORKSボウコリーズの仕事

対話する 計画する つくる 育む

ボウコリーズがご提供しているのは、徹底した4つのプロセスです。
各プロセスを経ることの価値を納得し、そのための技術を磨くことが、柔軟で色彩豊かな仕事を生み、信頼してお任せいただけることの土台ともなってきました。

汲み出す、見分ける、
見つけ出す
対話する

良い計画には十分な相談が欠かせません。
聞いたつもりの情報で納得のいく方法を見つけ出すのは雲をつかむような話です。
本当に満足のいく結果にならなかったり、着手してから問題にぶつかるケースが多くなるかもしれません。どんな風に暮らしたい? 何を大切にしたい? こんなアイデアどう思う?こんな対話がまず大切なプロセスであると考えます。
実際、計画を精錬し一層暮らしへ寄り添う物へとするのに不可欠な情報です。

ほっとして
いただくために
計画する

対話で知り得た情報をどう用いるか?
そこにボウコリーズのホスピタリティーが関係してきます。
それは第一に思慮の深さ。価値観・願い・心配事それらに優しい関心を向けながら、プランを構築していきます。
安心していただくこと、ほっとしていただくこと、気持ちが思わず温かくなること、そんなプランを目指していきます。

見えない努力つくる

つくる作業...
最終的に人目につかない工程が全体のかなりの部分を占めています。
見えない部分のきちんとした積み重ねが、仕上がりの美しさ、安全の確かさと心地良さを左右する。
それをよくわきまえている頼もしい職人さんがチームとして働き、完成を目指します。
誠実・信頼・協力目に映らないどんなパーツにも誇りを持った仕事が施され、それが心に決めたプランをカタチにしていきます。

これからの
暮らしを大切に
育む

リノベーションのピークは完成の瞬間ではないと考えます。
人が暮らして初めて、家は機能を開始し、次に調整が必要になるいつかに向かって働きを全うして行くものだからです。
リノベーションの真価は完成のその先にあり、静かに輝きを増していくものであると良いと思っています。
住まう方の日々に寄り添い、彩り、ふと思う、リノベーションをしてよかったな…という喜び。
そういえば、あの人にも是非…と分けたくなる幸せの実感。
このゴールを目指すのがボウコリーズのリノベーションプロセスです。